お互い既婚者ですが、彼は私に気持ちがありそうだと感じています。私も彼のことが気になっていて両思いなのか知りたいと思っています。

今の結婚生活に満足していなくて、現実逃避したくてこんな気持ちになっているだけなのか? それとも夫以外の男の人を本当に好きになってしまったのか?自分の気持ちとこれからどうしていったら良いか不安を感じているあなたへ。

この記事を読むと、既婚者の彼の言動が好きのサインなのか? 両思いなのか?を知ることができます。

また、あなたの気持ちを深堀りしていくことで、これから何を選択していくことが自分の幸せなのか自ずと分かっていきますよ。

美しく笑っている 都会の光

 

1.既婚者同士の両思いがなんとなくわかる好きのサイン

1-1.二人きりで食事に行く誘いを受ける

既婚者同士なのに、プライベートで頻繁に二人きりの食事に誘われるのは、彼はあなたを好きだというサインを送っている可能性があります。また二人きりで会う回数が増えていくことでさらに親密になることもあります。
カップルがバーでこちらを見ている

1-2.距離が近い

話をするときに距離が近い場合、彼からの「仲良くなりたい」というサインかもしれません。大勢の飲み会の時にやたらあなたと近い席に座ろうとする場合、あなたと少しでも会話をしたいと考えている可能性があるでしょう。

あなたが彼との距離の近さにドキドキしたり嬉しさを感じているなら、両思いに向かっていると考えて良いでしょう。
クリスマスのカップル 美しい笑顔

1-3.連絡が頻繁にくる

既婚者の彼が仕事とは関係の無い内容を毎日送ってくるのであれば、好きというサインをあなたに気づいて欲しいと思って送っているのかもしれません。

2.既婚者が魅力的に見えてしまうのはどうしてか? 

2-1.今のパートナーと既婚者の彼と比較してしまう

今の結婚生活やパートナーに満足していないと、自分のパートナーと比べてしまい既婚者の彼の方の良いところばかり気づくようになるからです。

例えば、

・家事を毎日していても、夫は当たり前だと思って感謝してくれない。だけど、◯◯さんはちょっとしたことでも気づいて感謝してくれる。

・夫は鈍感で自分の気持ちを分かってくれない。だけど◯◯さんは私が困っていると、すぐに気づいて仕事を手伝ってくれる。など。

自分のパートナーは、してくれないと不満が募ってストレスを感じるようになっていると、今のパートナーをどんどん嫌いになり、それとは反対に既婚者の彼のことはどんどん魅力的に見えるようになっていくのです。
寝室で悲しそうな顔の女性

2-2.人のものは魅力的に見えて欲しくなる

隣の芝生は青いということわざがあるように、人のものは貴重で魅力があるように見えるという人間の心理があります。

相手には奥さんがいる、つまり人のものだからこそ、魅力的に感じて欲しくなるのです。

3.既婚者男性の集合無意識にアクセスし、透視リーディングしてみた

透視リーディングとは、その問題の起った原因がどこからくるのか?何のために必要だったのか?を視ていくものです。

その背景には、
・あなたの今までの人生で形成された思い込み。
・更に奥には、ご先祖様からの想いを無意識のうちに引き継いでいるもの。
・過去生からの持ち越しの感情。

であったりします。

今回は「既婚者女性に好きのサインを出してくる既婚者男性」を透視リーディングしてみました。

・疲れていて奥さん以外の女性に甘えたい

仕事で疲れていて家では奥さんも家事や子育てで相手にしてくれないので、甘えさせてくれる女性を求めているように感じます。

・罪悪感はあまりない
とにかく今は癒されたいという気持ちの方が強く、既婚者女性に甘えたいだけと思っているように感じます。なので今の段階では罪悪感はあまりなく既婚者女性と深く恋愛をしたいという気持ちは薄いように感じます。

・既婚者女性の方が大人で自分の気持ちを分かってくれそうで相談しやすい。

自分の愚痴や相談を聞いてくれて包容力のある大人な女性を求めているように感じます。

4.まとめ

このタイミングであなたの真に求めている幸せとは何なのか?どんな人生を歩んでいきたいのかを見つめ直していくことで、本当に既婚者男性が好きなのか? それとも今のパートナーとさらに良好な関係を作っていきたいのか?が自ずと分かっていくでしょう。

あなた自身が常に穏やかでいられる人生は、さらにご自身を知っていくことで自分で作っていくことが出来ますよ。

ご自身のことをもっと深く知りたいと思いませんか?

LINEで出来る「あなた特有の恋愛タイプ診断」をすることでご自身の恋愛傾向や陥りやすい傾向をさらに知ることが出来ますよ。ご自身を知れば知るほど真に求めている人生にさらに近づいていきます。素敵な未来を作っていってくださいね。