既婚男性からLINEで連絡が来ないと、「もしかして、私に飽きたのでは」と、つい感情的になってしまいますよね。

連絡がこない、悲しみ、不安

しかし、自分の想いをしっかり伝えないと、彼の本気度がわからず、今後どう接すればいいのか悩んでしまうこともあるでしょう。
そこで今回は、既婚男性とのLINEでいい関係を育むコツと、不倫相手が夢中になるLINEテクニックについて解説します。

不倫相手からのLINEの頻度はどのくらいがいいの

不倫相手は、できるだけ毎日連絡を取りたいと思っています。
あなたと既婚男性が不倫関係にあるのは、お互いに想い合っているからです。
相手を好きだという気持ちは、普通のカップルとあまり変わりません。
既婚男性も他のカップルと同じように、あなたと毎日連絡を取りたいと思うでしょう。
しかし、既婚男性は家庭があるから毎日連絡を取るのは難しいのです。
既婚男性は「妻に浮気がばれたくない」と考えるため、家族にバレにくい仕事の始業前から終業後までに連絡をします。
例えば、1日1回、仕事が終わったら既婚男性から『仕事終わったよ』と連絡するなどです。
つまり、パートナーとの連絡頻度は1日1回が推奨されています。
普通のカップルの平均連絡頻度は1日1回と言われているため、不倫をしていても連絡頻度は変わらないということですね。

不倫相手が返信したくなるLINEとは

不倫相手が思わず返信したくなるLINEを送れば、普段やり取りが少なくても不安を感じる場面は減るでしょう。
ここでは、不倫相手が返信しやすいLINEの内容、タイミングを紹介します。

メール、男性、楽しい、わくわく、コミュニケーション

通勤途中や昼休み中の何気ないLINE

通勤途中や昼休み中は家族が近くにいないため、不倫相手がLINEに返信しやすいタイミングです。
返信しやすいタイミングを狙って「今日も1日頑張ろうね」や「今からランチに行くよ」「今日は○○を食べたよ」など、何気ない内容を送りましょう。
返信しても既読無視でも、どちらでも良いようなことを送るのがポイントです。

笑顔になるような演出を加えたLINE

動くスタンプや、自分で撮影した面白い写真など、思わず返信したくなるような演出を加えてみましょう。
面白いと感じた動画やSNSの投稿などを共有するのもおすすめです。

女友達のような文面のLINE

恋人同士のようなやり取りも良いですが、女友達に送るような内容だと返信しやすいと感じるかもしれません。
女性らしい言葉遣いや絵文字、スタンプを使わず、あえて色気を感じさせない文章にしてみると、気軽に返信できるでしょう。

楽しい時間、二人の時間、デート、幸せ、気が合う

不倫相手からLINEが来なくなった時の対処は

不倫相手からLINEが来なくなった場合でも、何度も自分から連絡をしないことが大切です。
ここでは、LINEが来なくなった際にすべきことを紹介します。

しばらく連絡せず間を置く

不倫相手とのLINEの頻度を上げるためには、距離を置くようにしましょう。
わざと距離を置くことで、不倫相手の機嫌を損ねたり、イライラさせたりするのです。
例えば、既婚男性とのLINEの頻度を減らしたとします。
最初は、既婚男性はあなたのLINEの頻度が減ったことに気づかないかもしれません。
しかし、鈍感な既婚男性でも、あなたの連絡頻度が以前より明らかに減っていれば、気付くはずです。
連絡頻度が減ったことに既婚男性が気づけば、「なんで最近LINEをくれないんだろう」と思うでしょう。
男性は女性を追いかけたいという本能があるため、不安を感じたら、もっと好きになってもらう方法を考えるはずです。
どうすればもっと好きになってもらえるかを考えた結果、あなたとのコミュニケーションを密にするようになるかもしれません。
既婚男性がコミュニケーションを取りたいと考えれば、必然的にLINEの頻度は増えます。

隠れてメール、不倫、浮気、秘密、内緒の関係

SNSをチェックする

好きな人や付き合っている人のSNSをチェックするのは、あまりいいことではありません。
精神衛生上よくない行為ですが、「連絡がなくて心配」という場合は、SNSをチェックするのもひとつの手です。
彼がSNSを更新していないようであれば、忙しいのだと理解しましょう。
彼がSNSを更新して、身に覚えのないことを投稿していたら、不倫関係以外のことでストレスを発散しているのかもしれません。
また、SNSの更新内容が、新しい恋愛の話や今の恋愛の愚痴など、あなたにとってネガティブな内容になっていたら、彼との関係を見直す時期です。
彼はあなたとのLINEのやり取りで会話をせず、SNSで発散させるような器が小さい男性だと認識しましょう。
彼を監視する目的でSNSをチェックするのはよくありませんが、この機会に彼の性格を覗いて、本性を知るのも悪くありません。

不倫相手が夢中になるLINEテクニックとは

不倫相手が何度もLINEをしたくなるように、内容や送る頻度を変えてみましょう。
ここでは、不倫相手に送るLINEのテクニックを紹介します。

メール、愛を深める、絆を深める、コミュニケーション

相手を気遣い思いやる内容のLINEを送る

暑い日や寒い日、天気が悪い日、忙しそうな日などは、相手を思いやるLINEを送るチャンスです。
また、仕事の状況がわかる場合には、体調を気遣うLINEを送りましょう。
「LINEをする時間がストレス発散や癒しになる」と思ってもらえれば、あなたとのLINEに夢中になる可能性があります。

相手から送ってくるように頻度を考える

連続で何度もLINEを送ると、相手が返信するタイミングを逃すうえ、「面倒くさい」「家族にバレる可能性がある」と考えてしまいます。
そのため、自分から送る頻度が多かったと感じる場合には頻度を減らしましょう。

「不倫相手が連絡を取りたい時」を透視リーディングしてみました

透視リーディングとは、その問題の起った原因がどこからくるのか?何のために必要だったのか?を視ていくものです。

その背景には、

  • あなたの今までの人生で形成された思い込み
  • 更に奥には、ご先祖様からの想いを無意識のうちに引き継いでいるもの
  • 過去生からの持ち越しの感情

であったりします。

今回は、不倫相手がLINEなどを通じて、連絡を取りたい時はどんな心境なのかリーディングしてみました。

例え不倫であっても、恋愛感情を持っているという意味では、普通の恋愛と変わらないようです。
ただ、妻・旦那・子供・親・社会的責任や信用など、簡単に割り切れないものがたくさんあり、バレてはいけない状態には変わりありません。

そんな中でも、日々の生活の中でのトピックスを好きな人と分かち合う事で、離れている分、共に時間を過ごしている感覚を持ちたかったり、心癒される言葉が欲しい時もあるようです。

気を付けた方がよい事としては、人によっては癒しを感じるのは最初だけで、恋愛特有の高揚感が落ち着いてきた頃には、マメに連絡が来ること自体が重荷になったり、うっとおしく感じたりする事もあるようなので、相手が既読スルーが増えてきたのなら送信回数を減らすようにするなど、状況を見極める冷静さを持っておいた方がいいかもしれませんね。

まとめ

不倫相手とのLINEのやり取りは、1日1回でも十分だと言えます。
しかし、何度もやり取りをしたい、LINEをしていないと不安になるという方は、紹介した方法を参考にLINEを送ってみてくださいね。
また、自分の恋愛タイプを知ることで、相手とどのように接するべきか、今後の関係まで考えるきっかけになります。
相手との関係をうまく進めるためにも、ぜひ、診断テストで自分の恋愛タイプをチェックしてみてはいかがでしょうか?
以下のリンクからLINEで診断出来ますよ。